タンゴダンス・アジア選手権チャンピオンには、ブエノスアイレスで9月に開催される世界選手権の決勝シードが与えられますが、サンテルモの有名タンゴハウスへの出演が約束されました。時期が近くなってからその店にいつというのが決まりますが、可能性があるのは今のところ、新「ミケランジェロ」(2022年4月オープン)「ラ・ベンターナ」などいくつかのタンゴ・ハウスが名乗りを上げてくれています。

 このアイデアを提供してくれたのは、以前アジア選手権の来日したヘスス・ベラスケス氏。彼がこれらのタンゴハウスのショーのプロデューサーで、2年ぶりに本格的に再開するアジア選手権のために、祝福の意を込めて実現することになったものです。これらの店はおおよそ出演者も決まっていますが、時期によって出演予定者が変更になりますが、アジア・チャンピオンのスペースは確実に抑えられます。

 また、アジア・チャンピオンへの最大の贈り物として、いつも提供頂いている航空会社が、このコロナ感染問題で南米路線が見直しされるため、今の所航空券の提供が難しくなったと報告を受けています。しかし、この問題については今、アジア選手権の実行委員会が他の方法を得るために奔走中です。正しい結果が出ましたら、この欄で発表させていただきます。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA